建築士事務所の業務報告書

先日、建築士事務所の業務報告書を提出してきました。

その際に、気になるチラシを目にしたのでご紹介します。

建築士法第23条の6の規定により、建築士事務所の解説者に対し、毎事業年度終了後3ヶ月以内に、設計等の業務に関する報告書(業務報告書)の提出が義務付けられています。

報告書を提出しかった場合、あるいは虚偽の記載をして報告書を提出したものは、建築士法第41条により、30万円以下の罰金に処せられる場合があります。

また、指導等にも関わらず未提出の場合には監督処分の対象となります。
み提出の業務報告書がある場合には直ちに提出してください。

とのことです。わざわざこのようなチラシを作っているということは未提出の建築士事務所が多いんでしょうね。

ここで、宣伝を一つ。。。。

報告書を作るのが面倒なようでしたら是非当事務所をご利用ください^^

建築士事務所の業務報告書は、行政書士報酬21,000円と実費(登記簿・写真代)に承っております。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 建築士事務所の業務報告書

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.office-koseki.net/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

このブログ記事について

このページは、office-kが2012年5月 2日 15:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「石川県生涯学習センターでの行政書士無料相談会について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。